FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

現在のハナクソPCでのskyrimのFPSを見てみる

現在のPCはそもそも買ったのは何年前だったか、64bitOSが出ていない時期だったような
とにかく32bitなのである。この時点でもう現在のPCゲーには致命的なほど適応してない
グラボはGT610というまあローエンドなシロモノ。正直ゲーム向きではない
ちなみに今回買ったのはGTX1060なのでまあTITANXなどとは比べられないが比較的値段も安く省電力設計のもの
性能的にはGTX980 < GTX1060 < GTX980TI な感じか。980Tiは消費電力がかなりキツめなのでまあこれでいいと思っている
欠点はSLIに対応していないことだがSLIは必要あるまい

そんな腐れPCでいままで頑張ってきたわけだが今回買い替えにあたりいままで現実を見るのが怖くて確認しなかったskyrimでのFPSを見てみた
skyrim自体は2011年のゲームで64bitには対応していない。あと一月ほどでリマスターされて64bitに対応するが
当時出たときはそのグラフィックに比べて必要スペックが低く抑えられており、変態エンジンなどといわれたものだがskyrimはmodを入れることによってその必要スペックは青天井であがっていく。自分の環境でも入れているmodは優に100を超えるのでかなり厳しい状態に陥っている。もちろんパフォーマンス改善系modもたくさん入れてかつゲーム設定を最低レベルまで落としているのだが
その状態でFPSをみてみると15~20という悲惨な結果がでた
ホワイトランの町にはいるとさらに低下して10~15というよくこれでやってきたなと感心するほどだ

新しいPCではENBを入れつつ且つFPS60安定を目指したいところ。というか早くPC届けや。届くまでなにもやる気せんわ

*SLI - グラボ数本使ってパフォーマンスを上げる技術。RADEONではcrossfireとか呼ばれてるはず
*ENB - ゲームソースは一切いじらずにレンダリング処理を変更することで視覚効果を劇的に変える技術。PCパワーがかなりいる
スポンサーサイト
[ 2016/09/29 22:36 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。