FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Touhou - Palace of Earth Spirits

utuho.png

指導者特性 - Subterranean Ambition(地下に住まう者の野望)
鉱山から+2のビーカーを得る。死の灰のペナルティはすべてボーナスへと変換される

ユニーク建造物 - Hell Furnace(地獄の炉)
軍事ユニットの生産+15%。鉄とウランの資源から+1のハンマーを得る。鉄とウランをそれぞれ1つ文明にもたらす

ユニークユニット - Yatagarasu Bomber(ヤタガラス爆撃機)
第一次大戦爆撃機の代替。範囲UPの昇進を最初からもっている。石油を必要としない。蒸気機関の発明で解禁される


個人的使用感
死の灰(fallout)がボーナスになる変わった文明。死の灰に汚染されるとそのタイルが食料+4生産+4ゴールド+4を資源があろうとなかろうと一律で出力される。強力ではあるが核を撃てるのは後半も後半なのであまり恩恵はない。死の灰の上ではすべてのユニットが戦闘力+15%と移動力+1されるので終盤に核を都市に撃ちこみつつ制圧するときには便利か。まあこの文明一番の特性は鉱山から+2のビーカーというところだろう。初期立地は金や銀など鉱山を使う高級資源がほしいところ。塩立地にあたれば序盤で勝負決められる
敵にまわるとかなりの狂犬。となりにいると大体「あなたの土地を欲しがっている」という外交ペナルティをつけているし戦争もそれなりに強い。狂犬にありがちな技術の遅れもUAでほとんどないので安定している。狂犬なので世界の敵になりやすく、それに潰され滅ぼされるか、跳ね返して強大化すると手がつけられなくなるのも他の狂犬と同じ
スポンサーサイト
[ 2016/07/18 18:45 ] civilization5 mod和訳 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。