FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Touhou - Tanuki

tanuki.png

指導者特性 - Tanuki Mischief(たぬきの親分)
古典及び中世にスパイが配属される。活動中のスパイ一人につき2の幸福が与えられ、活動中の都市の人口の半分のゴールドが生み出される。

ユニークユニット - Trickster(ペテン師)
斥候の代替。外国の領内に国境開放なしで入れる。高い確率で敵の近接攻撃から回避できる。都市の隣にいる時にゴールドと黄金期ポイントを得られる特殊なアクションを使用できるが、一度使用すると外国に入る能力を失う

ユニーク都市改善 - Moneylender(金貸し屋)
銀行の代替。1の幸福を都市に与え、トレードルートからのゴールド収入をもとの銀行の効果よりも増やす


個人的使用感
スパイって優秀だなぁと改めて思い知らされる文明。この二人のスパイのおかげで高難易度において大きく離されるであろう序盤のAIとの技術差もほとんど解消される。ルネサンス前にはほぼ科学でAIに追いつけるだろう。もたらされる幸福も序盤の都市出しを大いに助け、少量ながら生み出されるゴールドも序盤の苦しい金策に大きく寄与する。科学でAIに遅れをとらないので遺産建設競争もしやすい。UUの特殊アクションはまあオマケレベル。むしろ敵領内に入れなくなるのが痛いので使うのは最後でいい。UBは実は非常に強烈。幸福はオマケでトレードルートからの収入がかなり増える。スパイとゴールド、これがこの文明の最大の長所。そして最大の短所は技術窃取による外交関係の悪化と戦争が弱いこと
敵AIとして出てくるとそれほど目立つ感じがない。スパイは優秀だが技術を盗むことはできても新しい技術を生み出すことはできないのだし、戦争が弱いためかむしろ敵に飲み込まれていることが多いような。そこそこ友好的ではあるもののいかに友好関係にいようが平気で裏切って攻めてくるのでまったく油断はできない
スポンサーサイト
[ 2016/03/28 14:22 ] civilization5 mod和訳 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。