FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

信長の野望

信長の野望の創造は無印だと微妙であったがPKでかなり改善され面白くなっている
とくに会戦が大幅にリニューアルされ、大会戦という大規模な戦もできるようになっていてよい
総大将取られると負けたほうは全戦力瓦解でいっきに押し込まれるというのもいい

はじめるまえに個人的に過大評価な武将と過小評価な武将の能力をいじるんだが
前年の大河の影響であろう善助じいさんがやたら高パラメータになっていたので大幅ダウン
あとは一般的に真田幸村の影にかくれてマイナーな毛利勝永などはアップ、あと岡利勝なども
今回は毛利勝永かなり強くなっていたのでまあ変える必要なかったが

戦争の強さに直結する統率の高さも個人的に当時トップ3だと思う人だけ90以上にする
信長はちょっと違うが、信長の強さは数値では表せないな
とりあえず日本戦国時代の信長活躍時代における純粋に戦争が強い人の3人は

上杉謙信
戸次鑑連(立花道雪)戦国無双にでる立花闇千代の父ね
島津義弘

この3人かなあと思う
他有名どころでは毛利元就、武田信玄、伊達政宗、北条氏康などがいるが
どっちかというここちらは戦術以前に戦略面がすぐれていたという印象。つまり智謀の人

とりあえず今日は上杉謙信をピックアップ
といってもこの人の場合は有名すぎるからなにも言うこと無いんだが
武田信玄との川中島の合戦は有名すぎる話だし割愛
織田と戦った取手川の合戦
上杉に攻められた能登の畠山救援に向かう織田軍、そのメンツたるや柴田勝家を総大将に
羽柴秀吉、丹羽長秀、前田利家等知名度も高いオールスターだ
それを察知した上杉謙信、迎撃すべく瞬く間に加賀を制圧。織田に迫る
織田軍はまだ畠山家が滅びたことすら知らずその上柴田勝家と羽柴秀吉が衝突、秀吉軍が帰ってしまうという足並みの乱れ
そんな中まさか上杉軍が加賀をも制圧して目の前にいるなんてアリエナイと慌てて退却命令
しかし上杉は問答無用で追撃戦をし織田オールスターは完敗。討ち死、取手川で溺死も含めて数千人の戦死者を出したと言う
この結果を聞き、さしもの信長も顔を青くして上杉謙信を恐れた

その後上杉謙信は織田討伐+上洛の兵を上げようとするがその直前に病死。もし生きていたら・・・と思う一人である

ちなみに上杉謙信のライバルである武田信玄も東海より進撃、ここでも織田徳川連合軍を完膚無きまでに叩きのめす
戦死者は武田方200名程に対し徳川方は2000人以上という完敗である
家康にいたってはあまりの武田の強さにクソを垂れ流しながら逃げたと言われている

しかしこちらでも信玄が病死。あと数年の余命があれば江戸時代なんてなかったかもしれない
スポンサーサイト
[ 2015/07/18 21:54 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。