FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ま た せ た な

先にプレステ時代で全ジャンルで個人的最高のゲームはメタルギアソリッドであると言った。あらゆる意味で革命的な作品だとも。そのうえで普通にプレイしていては気づかないような小ネタも随所にちりばめられていて何週しても違う発見があったりするまさにマスターピースにふさわしいといえる。
実はこの前身のファミコン版であったがメタルギアもクリアしている。記憶がおぼろげだがたしか当時はそこそこ長いわりにセーブ、あるいはパスワード的なものがなく、もしかしてコンテニューもなかったかもしれない。なのでかなり敷居の高いゲームであったのだがしっかりクリアした。たしか揺れる橋みたいなのがあって足を踏み外すと即死という鬼畜ポイントがあったような?そこで何度か挫折しかけたのを覚えている

あともう一つ、違う意味でプレステ時代ショックを受けたゲームがある。それは「ときめきメモリアル」である。当時ギャルゲーなんてものはそう多くなく、また私も興味なかったのでやらなかったのだが友人がもってきてやってみたらOPのアニメで度肝を抜かれ、そのあとゲームやった結果しっかりはまり込んでしまった。それで自分も欲しいとおもったのだが買うこと自体抵抗があるようなパッケージでその友達に「代わりに買ってくれ」と哀願。しぶしぶOKしてくれたのだが、店員が女性とわかるや土壇場で「自分で買えば?」という「千年の友情もこれまでだ」レベルの裏切りをやってのける元友人。しかし当時の自分はそれほど自分のものにしたかったのか果敢にも商品をもって女店員に特攻。見事友人を失いながらも「ときメモ」をゲットするという離れ業をやってのけた。あの経験を通して人の悪意、欲望、裏切りと昔の自分との決別を学んだのだ。そういう意味で「ときメモ」もかなり上位に来るだろう
ギャルゲーに類するものはまた後日詳しく話したい


ここ最近の自分はほぼ完全に洋ゲーに偏りがちだ。和ゲーもたまに心惹かれるものはあるもののハード買ってまではなぁと思うレベル。そらPCで手軽にDLして遊べ、しかもかなり面白いものが3000円程度で買えてしまうんだから。大して未完成品をフルプライスで売っておいて後付でDLCなんて形にしてこれ買えば完成品になりますよ^^では和ゲーなんか買う気にならんわ。こんなところにもTTPの影響が!?

嘆かわしい時代だよな?クソゲー、ムービーだけゲー、パクリ。たしかに20世紀の和ゲーは問題を抱えていたが、イデオロギーがあった。今の和ゲーにはなにもない

とシャラシャーシカも言ってた

追記
あとプレステ時代のゲームでは音ゲーのはしりであるビートマニア。それと箱庭ゲーの傑作ガンパレードマーチあたりが傑作。こうみると小波率高いな

訴訟、商標登録、選手実名独占。たしかに20世紀のKONAMIは問題を抱えていたがイデオロギーがあった。今のKONAMIにはなにもない

とシャラシャーシカも言ってた

そういえば件の「ときメモ」の薄い本に対してコンマイが訴訟、記者会見での記者の質問「ときメモのキャラクターはアナタにとってなんなんですか?」に対して社長の答え「私の娘です」なんて言って記者の失笑を買っていたのを思い出した
スポンサーサイト
[ 2015/06/28 20:53 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。