FC2ブログ

進撃の巨人見終わった

以下続刊であるのだから中途半端な終わり方はしょうがないし、そこは第二部期待として

全体的な感想はまあ流行るだけあるなあと。つまり面白かった。ただまあウルトラマン状態だなあとも思った。エレンがウルトラマンなわけだ。調査兵団はウルトラ警備隊か。駐屯兵団=自衛隊で憲兵兵団=公安といったところだろうか
しかし巨人を駆逐したところでエレンの運命は決まっているようなもんだろう。良くて隔離施設で一生監視付の生活というところか。「飛鳥尽きて良弓蔵る。狡兎死して走狗烹らる」である。ミカサと結ばれるなんてこともあるまい。後半怪しかったし。そういやおじさんが若い頃に「バハムートラグーン」というゲームがあってな

「エレンの立体起動より、ずっとはやい!!」


NTR属性のない私はあのゲームはその展開になったとたんやる気をなくすどころか「なんでゲームでもこんな思いしなきゃならねーんだ!」とぶんなげた記憶がある。ゲームをマジ投げしたのは桃鉄とこのゲームだけだ。
まあでもミカサの最大の魅力はあの病的なまでの一途さであり、クーデレ+ヤンデレなところである。それがなくなったらもうヒロインでもなんでもないただのビッチと呼ばれることになるだろう。それは歴史が証明している

結局あの鍵とはなんだったのか?もわからんし、色々半端すぎてむしろストレスがたまってしまう。漫画を読んでもいいんだが…
スポンサーサイト



[ 2014/07/11 15:06 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL