FC2ブログ

プロ野球を憂う

今じゃまったく情熱はうせてしまったが昔はそれなりにプロ野球が好きであった。ファンはどこであったかと言われれば昔は広島。今は楽天というところ。そして安定の巨人大嫌い人間である。実際今のプロ野球、特にセリーグをボロボロにしたのは巨人であるのだから。私の知ってるところだけでも江川から始まり桑田、高橋、二岡、小久保、他最近では澤村、菅野ともう数え切れないほどセコいマネして選手かき集め、またジャイアンツ愛()などというアホらしい考えで他球団からの指名断った長野や元木等などの存在もその一つ。そしてFAや逆指名(もうなくなったが)などという巨人のための制度。ドラフトの完全ウェーバー制度(成績が下位球団から指名していく制度。メジャーが導入している)しぶってるのもどうせ巨人なんだろう?そもそも今のドラフト制度が完全に崩壊、形骸化しているといわざるを得ないのに。昨今あった統一球の問題も巨人がどうせHRでねーから直せと裏で工作してたんだろ?と勘ぐっているぐらいだ
去年のドラフトで一部批判を浴びた大谷の騒動にしてもなんで日ハムだけそんな批判されるの?という感じだ。むしろ菅野のほうがよっぽどひどいのに。プロ野球という組織自体巨人を公然と批判すること自体タブーとされているような感じすらある。星野や野村等が愚痴まじりに巨人批判しても大きく取り上げられることは無い。おそらくマスコミにもそういう風潮があるのだろう

さてここまでボロクソに巨人批判ばかりしてきたが、今のプロ野球が腐ってしまったのはなにも巨人だけの責任ではない。巨人はやり方がセコくまったく好きになれないことは確かだがその目的は優勝というベクトルにしっかり向いている。他球団はそのベクトルが金儲けに向かっている球団も少なくない。かつて私がファンだった広島も今じゃ阪神の二軍ですか?と言われるほど選手を育てては他球団に売ってるような印象すらあるし、下手に優勝したら選手の年棒跳ね上がるからしたくないなんて思ってる球団も少なくない。かつて野茂英雄が契約更新時「下手に優勝して年棒跳ね上げるよりも2位になったほうがベスト」とフロントにはっきり言われてメジャー挑戦を決意したと本人も語っている。もっともその問題の根源はプロ野球選手の年棒の異様な高騰が背景にあり、その原因を作ったのは巨人と落合なのだが。

ドラフトでは強いところ、人気のところばかり優秀な人材を取り、FAでは同リーグの金のあるところが選手を吸い上げていくからもうリーグ自体が崩壊。パリーグは巨人が居ないのでまだ安定しているもののセリーグはもうボロボロ。巨人のワンサイドゲームになりつつある。巨人V9時代のメディアコントロールできた時代ならいざ知らずこのネット情報社会でそんなマネしても通じるわけもなく、そんなクサレ体質のプロ野球自体の人気もここ数年で急落。スポーツ紙一面も(報知以外は)サッカーに取られるであろう。

そんなプロ野球に私は憂いているのです。なんて書いたが実はもうどうでもいいとも思っている。私自体プロ野球離れが進んでしまってるんだなもう
スポンサーサイト



[ 2013/06/17 12:26 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL